顧問弁護士

顧問弁護士とは

顧問弁護士は、顧問契約を締結した会社のために、法的な立場からその会社にリスクが発生していないか、事業内容に問題がないか、どうすれば法的に強いビジネスになるか等をチェックするとともに、万が一トラブルが発生した場合には、損害を最小限に抑えるため、様々なアドバイスや手続きを行うことのできる弁護士です。

当事務所では、普段から継続的に相談を受け、会社特有の事情を十分に理解し、実情を把握した上でサポートいたしますので、問題が発生した際には迅速に対応し、その会社に最もあった法的サービスを提供させていただきます。問題発生時にその都度弁護士を探して、会社の実情を説明していたのでは、完全に状況を把握するまでに時間がかかるなど、初動の遅れにつながり、適時・適切な対応ができないことがあります。

顧問弁護士の役割

契約書作成、リーガルチェック

会社法のプロアドバイザー

人事労務のリーガルサポート

就業規則の見直し・制定

事業内容を法的にチェック

紛争、トラブルに対応

法務部としての役割

その他、会社からご要望があれば、できる範囲内での経営判断をする場合もあります。

具体的な活動内容については、顧問先インタビューをご覧ください。

なぜ企業に顧問弁護士は必要か

いつでも気軽に相談できる

顧問弁護士は、顧問先企業と日常的にやり取りをしますので、顧問先企業の社内事情をよく理解しています。法律上、気になることが発生したときには、すぐに相談して適切な対処方法を確認することでトラブルの発生を未然に防ぐことが可能です。

緊急時に会社を守る

取引先とのトラブル発生時や、問題のある従業員への対応など、緊急時にはすぐに弁護士に相談しなければいけない場合があります。しかし、いざ弁護士を探そうとすると、どの弁護士に相談したら良いのか分からない、また、スポットで弁護士に相談したけれども、会社の実情の把握に時間がかかり、対応が遅い、会社にとって最善の解決に至らない、といった場合もあるでしょう。日頃から信頼関係のある顧問弁護士に継続的に相談することができ、緊急時にはすぐに適切な法的アドバイス・実務対応をしてもらうことで会社を守ることが可能です。

トラブルの未然防止

当事務所では問題が生じないためのリスクマネジメントを重視しています。

中小企業では、法務部がない場合もあり、トラブルが発生した際に、労力、時間、金銭など様々な負担が生じます。また、中堅企業で法務部がある場合であっても、その判断の後ろ盾としての顧問弁護士は必要だと考えております。「リスクとなりうる部分の指摘」を受けることでトラブルを予防しやすくなりますので、是非ご検討ください。

顧問弁護士が企業にもたらすメリット

個別事情を把握した上での法的アドバイスが受けられる

スポット相談よりも優先して相談することができる

小さな法的トラブルでも気軽に相談ができる

トラブル発生時に緊急を要するかの判断が可能

法的トラブルへの事前予防が可能

社外法務部としてサポートする

弁護士を探す手間が省ける

コンプライアンスの取り組みへの対応

顧問弁護士の費用

顧問弁護士の費用はこちらにご覧ください。(顧問費用ページのリンクを挿入)

当事務所の顧問弁護士

吉田総合法律事務所は、特に会社法、労働法、契約書に注力し、様々な分野の企業様と法律顧問契約を締結させていただいております。

顧問契約により、業界事情や社内事情を把握した上での迅速な法的検討、真に役立つリーガルサービスをご提供させていただきます。

会社法・労働法・契約書を協調して会社経営の法律面の参謀として尽力いたします。

関連記事はこちら

最新セミナー情報

現在準備中です。

  • 日程
  • 未定
  • 会場
  • 未定

顧問先様の声

吉田総合法律事務所が提供する企業法に関するメールマガジン

新着情報

03-3525-8820 03-3525-8820 メールでのご相談予約はこちらをクリックしてください。